竹内庭苑のお仕事話

庭師のNi-Wa SHIGOTO~茂る木 後編~

今月は「茂る低木」というテーマでお届けしています。そびえたつ樹を見上げるのとは少し別の視点で、足元近くや膝丈ほどに茂って生育する低木について、竹内社長にインタビューしています。前編はこちらです。

-繁って生育する低木ですが、こちらの施主様宅のように、カースペースの背後のような場所にも植えられることが多いと思います。成長すると大きくなり、ちょうどいい目隠しにもなりますし。

(竹内)そうですね。低木は、駐車場のこういった部分だけでなく、道路に面した家の正面や玄関脇の植栽に使われることも多いです。

-背が高くならない分、圧迫感も無いですし、家の日当たりを妨げることも無いですしね。個人的には背の高い庭木よりも、足元近くに茂る低木のある庭が好きです。緑との距離が近い感じがするのです。

(竹内)より、人目に多く付く場所に植えられていますね。花が咲くものや、色鮮やかなものは目にも楽しいと思います。

-自分の好きな春夏秋冬と葉の色が変化する様は、季節感を感じられるので楽しいですね。

(竹内)匂いのある低木を選ぶのもおススメです。

-匂いのあるもの。ハーブは確かにイイですね。近くの御宅のお庭にローズマリーの木が植わっていて、風のある日には横を通るとフワッと香りがしてきます。その瞬間は、「あ!ローズマリーだ!」とハッとします。香る瞬間の素敵さに、自分もベランダ観賞用ですがローズマリーの鉢を購入しました。

(竹内)それぞれのテーマに合ったお庭を楽しめるものや演出できるものが植えられていると、より良いと思います。

-あれこれ考えて試してみると、とっても楽しいですよね。目線に近い分、視覚や嗅覚での発見もあります。
一方で、楽しくない発見も、あったりします。雑草です。伸びていない時はあまり目につかないのですが、知らぬ間に、たくさん生えて繁っている時があります。そうなってしまうと草むしりも、ちょっと面倒くさく感じたりもします。土の部分が広くある場所の活かし方でおススメはありますか。

(竹内)最近では防草シートを設置して砂利を撒く御家庭もあります。管理の方法は、年間管理としてご家庭のご希望にあった管理をさせていただきますので、ご相談ください。

-いかがでしたでしょうか。今回は足元に目を向けてみよう、ということで低木を中心にお届けしました。特に「匂いに気づく」というのが「そういえばそうだね!」と思いました。低木ならではの楽しみかもしれません。
 春の本格的な訪れを前に、これまでのお庭に今年は一手間、新しい工夫を採り入れてみませんか。そんな時は、足元から手軽に。低木がお勧めです。ご不明な点や知りたいこと、気になること、「うちの家に相応しいのは、どんな種類?」といったご質問など、お気軽にご相談ください。