バウムクーヘンの時

 

01)

 

 

01)

このバウムクーヘン、茶色い線は何本?

 

 

01)

 

15本、茶色い線がみられる。

焼いたのは16回だけどね。

 

 

02)

この木は線が100本以上。

100歳を超えている。

 

 

03)

幹に年輪があるなら、根にも年輪があるのかな?

 

 

 

04)

3000年前に海中に沈んだ杉の根。線が何本も見られる。

この根はざっくり70歳。

 

 

04)

こちらは40歳。

根にも年輪があります。

 

 

03)

 

 

03)

気分はトロピカル!

ヤシの木陰で昼寝といくか。

 

 

03)

でも、ヤシの木に年輪はあるのかなぁ?

 

 

 

05)

ヤシの木に年輪はありません。

 

では、このヤシの木を温帯の関東地方に植えたらどうでしょう。

年輪はできるでしょうか?

 

 

03)

ヤシの木は、竹と同じ仲間です。

 

 

03)

ヤシも竹も最初にでてくる葉、子葉(しよう)は1枚です。

これを「単子葉」(たんしよう)といいます。

 

単子葉の木は、熱帯でも温帯でも年輪はできないのです。

 

 

03)

子葉が2枚の「双子葉」(そうしよう)の木は、年輪ができます。

 

 

ケヤキ(双子葉)

㊧06) ㊨01)

 

 

07)

この仲間の木も年輪ができます。

子葉が3枚以上ある「多子葉」(たしよう)です。

 

 

スギ(多子葉)

㊧08) ㊨01)

 

 

03)

熱帯地方にも双子葉の木は生えています。

 

 

03)

バオバブ。

アオイ科の樹木。双子葉。熱帯アフリカ原産。高さ40m。

バオバブに年輪はある?ない?

 

 

 

09)

バオバブに年輪はありません。

 

 

 

10)

ラワン。

双子葉、フタバガキ科の樹木。熱帯アジア原産。高さ50m。

 

ラワンに年輪はありません。

双子葉の木でも熱帯地方では年輪はできないのです。

 

 

 

03)

では温帯にもどって…

年輪の、色の濃い所とうすい所はどうしてできるのかな?

 

 

03)

年輪を拡大してみましょう。

 

 

 

11)

 

 

11)

「色のうすい所」は春の成長でつくられ、細胞は大きく、細胞の壁はうすい。

「色の濃い所」は夏の成長でつくられ、細胞は小さく、細胞の壁は厚い。

 

 

03)

私たちは夏に成長した色の濃い線を数え、樹齢何年としていたんですねぇ。

つまり「季節がないと年輪はできない」のです。

 

 

 

03)

ここは屋久島。

屋久杉の森があります。

 

 

 

12)

夫婦杉。

推定樹齢:合わせて3500年。

 

 

 

12)

縄文杉。

推定樹齢:4000年。

 

 

 

01)

ウィルソン株。

中は空洞になってしまったけれど、推定樹齢2000年。

年輪が残っていても数えきれなかったかも。

 

 

 

01)

巨大なバウムクーヘン。

年輪の中は「時のすみか」ではないだろうか。

 

ー おしまい ー

 

【出典リスト】

01)写真AC

02)Wikipedia年輪年代学

03)pixabay

04)道草昔々

05)ボンタン

06)Wikipediaケヤキ

07)芽ばえ

08)Wikipediaスギ

09)オーストラリア貿易促進庁オーストレード

10)なんて運がいいんだろ~

11)眠れる杉の真価を探る

12)Wikipedia屋久島

※使わせていただき、ありがとうございました。