脈ありサイン

1)

ん? これは何でしょう。

 

 

1)

キャベツではありません。

 

 

1)

チョウのハネです。

 

 

1)

では、これは何でしょう?

 

 

1)

葉の標本ではありません。

 

 

1)

トンボのハネです。

 

 

1)

葉にもハネ(翅)にも、脈が走っています。

それで、この脈のことをそれぞれ、葉脈(ようみゃく)、翅脈(しみゃく)と呼んでいます。

 

 

1)

樹木と昆虫、植物と動物、異なる2つの生物ですが、葉とハネは、なんとなく似ています。

これは偶然でしょうか?

 

 

1)

葉脈は1本の管に見えます。

しかし実際は2種類の管が通り、それらは葉から幹を経て、根までずーっとつながっています。

それらが道管、師管です。

 

 

1)

道管には根ですった水と養分が流れています。師管には葉でつくった栄養が流れています。この2つの流れる向きは上下、正反対です。

 

 

 

1)

一方、翅脈はというと・・・

ハネの翅脈には何が流れているのでしょうか?

それとも何も流れていないのでしょうか?

 

 

1)

翅脈の中は空気が流れています。

 

 

1)

翅脈の中心にはガス管が通っていて空気が流れ、そのまわりは水と栄養分で満たされているのです。

 

 

1)

そのガス管は「気管」と呼ばれています。気管をたどっていくと、ハネの付け根から体の中を通り、お腹にある穴までつながっています。

 

では、そろそろオチといきましょう。

 

1)

キャッツアイに注目!

血管が見えています。

 

 

1)

猫も人間も血管に血液が流れていて、栄養分と酸素を運んでいます。動脈と静脈をつなぐのが毛細血管で、目でそれを見ることができます。

 

毛細血管、気管、道管。

実は、これらは同一人物によって確認・発見されました。彼の名はマルチェロ・マルピーギ(1628-1694)。300年以上前のイタリアの学者です。

彼は動物の毛細血管を確認した後、「見た目は違っていても、生物は共通の管でできている」という予想を立てて顕微鏡で次々と確かめていったのです。

 

 

1)

植物の葉、昆虫のハネ。

どちらも、進化の過程で内部に隠れていた管がのびてきて、そのあと膜がついて葉、ハネになりました。

だから似ているのです。

ー おしまい ー

 

【出典】

1)Pixabay