竹内庭苑のお仕事話

庭師のNi-Wa SHIGOTO~石積み(いしづみ)前編~

みなさん こんにちは

今月から、竹内庭苑の「お仕事話し」を担当することになりました。
自分も庭や自然が好きで育ちましたが、造園会社での仕事は初めて。
大好きな自然を扱う会社の仕事に関わることができ、うれしいです。

とは言え、造園の世界は知らないことがたくさんあります。
今回から、造園の仕事、庭師の仕事について、竹内社長にインタビューをしていきます。どうぞよろしくお願いします。

先日の、竹内庭苑の公式インスタグラムに掲載されたこちらの写真
みなさん、御覧になりましたか

「…お城か!?」と驚きました。

これは、どんな施工か、どこに施工したのか、こんなこともできるのかと
社長に聴いてみたいことが興奮でふくらみます。

数日後、タイミングよく、社長にお話しを聴くことができました。

-こういう作業も庭師の仕事なんですね。気になることは色々あるのですが、そもそも、施主様からは、どのような要望があったのでしょうか?まるでお城のようですが、最初から、この形でのご依頼だったのでしょうか?

竹内:このお宅の現場周辺は、山林に囲まれ、自然豊かな環境にある住宅でした。隣りの敷地は市のもので、落差のある境の下には、旧用水路があり、ご要望としては『雨水などによる土壌の流出を防止したい』というご希望でした。

-写真のように石を積む施工は、社長から提案されたということですか?

竹内:そうですね。周囲の山林との景観的な調和も持たせつつ、土壌の流出を防ぐという機能を考え、自然石の石組みをこちらから提案させていただきました

-造園会社は庭の剪定をするのが仕事だと思っていたので、こんな事もできるのかと驚きです。ただ、他の一般的な方法としては、ブロック塀を境に立てるような方法もあると思うのですが、敢えて、自然石での石組みを提案ですか?

竹内:そうなんです。石積みの方が、良いところがたくさんあるんです。
1つ目は、何といっても、このデザイン性です。毎日暮らす住宅ですから、景観の面で、ブロック塀よりもご満足いただけるのではないかと思います。

-たしかに。自分の家に、こんなカッコイイ場所があったら、写真にとって自慢したくなるかもしれません。いい感じに味があります。

竹内2つ目の良いところは、意外に思われるかもしれませんが、コストの点です。ブロック塀はコンクリートや鉄筋を使いますが、石積みの施工は石と骨材で済むので、ブロック塀の施工よりもコストを抑えることができますこちらの御宅では、広さは1.5平米程度でしたが、材料施工費併せて45,000円程で施工させていただきました。

-そうなんですね、それは意外でした。まるで、お城のような施工。さぞや費用もかかるのかと思っていましたが、ブロック塀よりも安くできるんですね。

竹内3つ目の良いところは、災害に強いこと。大きな地震や自然災害で崩れてしまった場合、ブロック塀は壊れてしまえば終わりです。ですが、石積みの施工ですと、崩れた材料をそのまま再利用することもでき、修復時間やコストの面でも、「災害に強い」と言えます。

-その点は全く気づきませんでした。確かに、割れて崩れてしまったブロックは再び使うことができませんが、石や岩なら組み直すことができそうですね。

~後編へ続く~