竹内庭苑のお仕事話

庭師のNi-Wa SHIGOTO~移植(前編)~

みなさま こんにちは。7月に入りました。
先月からスタートした「庭師のNi-Wa SHIGOTO」。今月も、人を大切にするように自然を大切にする心を(仁)、日本風の庭園を造り出す確かな技術で(和)、みなさまにお届けしたいと思います。

先日の、竹内庭苑公式インスタグラムで消化されたこちらの写真。みなさん、御覧になりましたか?


まさに、「植木屋さんの仕事!」という印象では無いでしょうか。早速、竹内社長に、今回の庭師の仕事について、質問しました。

ー普段見ることのない植木の状態。力仕事であるだけでなく専門技術も必要になることが一目で感じられます。

竹内:樹木の移動には、比較的容易なものから、難しいものまで、様々あります。移動の時期や、移動する樹木の状態によって、施工の難易度は決まります

ー簡単に出来る場合もあるのですね。とは言っても、なによりも気になるのは「別の場所に植え替えをしても、ちゃんと生育していくのか?」という点です。

竹内:確かにその点は気になる方も多いと思います。せっかく移植させたけれど、育ちが悪くなってしまっては元も子もありません。その樹種が移植に向いているのか、移植の時期は適切か、というような条件をまず考える必要があります。時期でいうと、常緑樹は春先、落葉樹は落葉後の休眠期が最適です。これらの条件を踏まえることに加えて、移植後の管理も重要です。

ーふさわしい時期に行えば、別の場所に植え替えをしても、大丈夫なのですね。安心しました。移植に向いている樹木、向いていない樹木はありますか?

竹内:移植に向いている樹木、移植が難しい樹木の違いは、もちろんあります。これまでの経験を踏まえると、日常の剪定や刈り込みに強い樹種は、移植にも強い印象です。一方で、フジやボタン、沈丁花などは移植が難しい場合もあります。また古木や大木の移植も難しいですね。

今月は、みなさんもひょっとしたら施工の様子を「見たことある!」かもしれない、樹木の移植(移動)について、竹内社長に質問していきます。後編もお楽しみに。