竹内庭苑のお仕事話

庭師のNi-Wa SHIGOTO~芝生 前編~

みなさまこんにちは

今年の夏も暑いですね。外に居ると、高い気温だけでなく、強い日差しが堪えます。街中の街路樹など、緑の木陰に入ると、涼しさを感じることができます。

さて、先日、神奈川県西部の御宅の新規造園をさせていただきました。
広い庭に石積みを施工、樹木を植えた他、芝を敷き詰めました。
庭というと、一度はイメージされる方も多いと思います、芝生の庭です。
今回は、芝生の庭の造成について、竹内社長に聴いてみました。

-広い庭には芝生が敷き詰められると、見た目も立派ですし、見ているこちらもリラックスした気持ちになります。なんだか気持ちが落ちつきますね。

竹内:そうですね。芝生は日本庭園の美しさを引き立たせる施工の一つです。最近では管理が大変そうと印象を持たれ、外構をインターロッキングブロックで造る場合も多いですが、芝生にしか無い良さがあります

-そうなんです。芝生の庭は「あったらいいなぁ」と思う反面、「維持するのが大変そう」と思ってしまいます。そんな理由で選ばない方もいらっしゃるのではないかと思います。管理のポイントを教えていただけますか。

竹内:芝生の管理で重要なポイントはいくつかありますが、何といっても、「除草」が鍵です。生えてきた芝の高さを調えることよりも、まずは、雑草を除草することが大切です。

-除草ですか!「どうしたら平らに美しく保てるか」そのための、専用の道具や技術が必要なのだと思っていたのですが、最初に気にするのは除草とは。雑草を抜くことが大切なんですね。ちょっと意外に感じました。

竹内:そうですね。敷いたばかりの芝の目土や芝の中には、一緒に雑草の種も含まれているんです。なので、敷いたばかりの芝を、そのままにしておくと、あっと言う間に雑草だらけになってしまいます。雑草だらけになると芝が負けてしまいます。せっかくの美しい芝生も台無しになってしまいます。

-そうなんですね。知りませんでした。一緒に雑草も植えてしまっているような感じですか。となると、抜いていかないと芝と一緒に雑草もそのまま成長してしまいますね。。。。

竹内コツは「マメに除草すること」です。ある程度伸びきったら、ではなく、コツコツとコマメに、雑草を除草することが大切です。それにより雑草種が芝の中や土の中から無くなり、段々と生えづらくなっていきます。気がついたときに、こまめに除草をすることをお勧めしています。

~~~~~~

芝生と言うと、美しさを保つために、刈り込み方に目が行きがちでしたが、まずは、除草、雑草の管理が大切だったとは。伸びた部分をカットすれば良いのだろうか、と思っていましたが、知ることができてよかったです
後編では、さらに、芝のお手入れ方法について竹内社長に質問していきます。