竹内庭苑のお仕事話

庭師のNi-Wa SHIGOTO ~日本庭園の美しさ~前編

みなさまこんにちは。師走ですね。
茅ヶ崎は暖かい冬かと思いきや、寒さが身に染みる日も増えてきました。
いよいよ年末を迎える心持ちです。折しも本日は冬至です。

年末になると、
お庭をお持ちで植木屋さんに「年末のお手入れ」を頼まれる方も多いのではないでしょうか。
お庭もスッキリして新しい年を迎えたいですね。

竹内庭苑でも施主様のお宅に御訪問し、
年末のお手入れをさせていただいております

今回は、お正月を迎えるに相応しいテーマ
「日本庭園の美しさ」について、竹内社長にインタビューしています

-先日、年末のお手入れさせていただいた施主様ですが、ザ「日本庭園」という様子ですね


(竹内)そうですね。
日本庭園は、庭の中に「自然が織りなす景観」を創り出すものです。
庭そのものは、人が手を加えて、人の力で人工的に造られるものですが、
庭という空間全てを使って、
里山の風情など手つかずにそこにある日本の美しさや趣きを再現します

-自然の景観を人(庭師)の力で人工的に表現する、それも、「庭」という限られた空間の中で。美しさは、どのように再現するのでしょうか。

(竹内)自然の美しさを、庭という限られたスペースに創り出し表現するには、植える樹木の存在が不可欠です。庭木には植える場所や樹種に、それぞれ役割があります。役割を持った木=役木、とわたし達は呼んでいます。

-役木ですか。ガーデンのシンボルツリーのようなものはイメージできますが、日本庭園に植えられた木にも役割があるのですね。

(竹内)ガーデンのシンボルツリーのように、その庭の中の主木を【正真木(しょうしんぼく)】と言います。その庭の景観の中心となる樹木です。選ばれる樹種としては、松や槙の木が多いですね。

-確かに。日本庭園というと立派な松が印象的です。「なんとなく」ではなく、景観の中心となる、という役割をもって植えられているのですね。

(竹内)正真木の対照的な存在として、正真木を引き立たせる役割をもつのが【景養木(けいようぼく)】です。正真木とは対比されるような樹種が選ばれます。正真木が松のような針葉樹の場合、景養木は楓のような広葉樹を選びます。対照的な樹種を選ぶことで、より、正真木の美しさを引き立たせるのです。

-一つひとつの樹木ではなく、庭全体としてのバランスから景観美を創り出すのですね。敢えて対照的な樹種を選ぶ選択は興味深いです。

(竹内)樹木同士の全体のバランスだけではありません。陽の差し込む方角を考慮するなど、日本庭園の美しさは、太陽光や風向きも踏まえて創り出されています。【夕陽木(せきようぼく)】は、名前の通り、差し込む夕陽を活用し、葉が美しく透かされるようにと庭の南西に植えられます。西日が美しく差し込むと、樹木の葉は美しい影を夕方の庭に創り出します。選ばれる樹種は楓が多いです。

-影の美しさも味わえるようにと設計されるとは。日本庭園は緻密に考えて造られていることが分かります。後編では、日本庭園の美しさを引き出す庭師の技術を深堀りしていきます。