これって何の巣?

1)

疲れると行きたくなるところ。

岩手、遠野、カッパ淵。

遠野物語の世界がここにある。

 

2)

城址公園に登れば、

遠くの山々まで見渡せる。

 

2)

本丸址。

ここはサクラ広場になっている。

 

3)

おや? これは何だろう。

サクラについた謎の「球体A」

鳥の巣、木の病気、それとも・・・

 

 

似たのがあった!

ん? 下に穴らしきものが見える。

 

 

鳥の登場!

鳥の巣には穴がある。

 

3)

なので、

遠野で見つけた謎の球体Aは、鳥の巣ではない。

中身がつまってるし・・・

 

4)

じゃ、これかな?

他の場所のサクラに、

同じようなものを見つけた。

 

4)

これを「球体B」としよう。

「球体B」のアップ。

 

5)

「球体B」はサクラの細かい枝が

異常に密生してできている。

そして・・・

 

6)

しばらくすると、枯れてしまう。

さらに・・・

 

7)

その枝を切り落とさずにほっぽっておくと、

「球体B」だらけになって、その樹木は枯れる。

 

これは樹木の病気で、「てんぐ巣病」と呼ばれる。

昔の人は「球体B」を「鳥の巣」ではなく、「てんぐの巣」に見立てたのだ。

実際はサクラがT. Wiesneriという子のう菌類に侵され、サイトカイニン(成長ホルモン)異常分泌で、側枝が一か所にたくさんできてしまったもの。

T. Wiesneriカビのなかまだから、菌糸や胞子で増えていく・・・

 

*       *       *

 

3)

遠野の謎の「球体A」にもどろう。

 

8)

秋になってサクラの葉が色づき散ってしまっても、

謎の「球体A」は緑のまま生きつづける。

サクラは落葉樹、球体Aは常緑樹?

 

9)

球体Aのアップ。

ごちゃごちゃしているが、

葉は肉厚で細長く、サクラの葉とは違う。

 

10)

球体Aの若いころのアップ。

サクラの枝から直接生えている。

球体Aの正体は・・・

 

 

「ヤドリギ」

ビャクダン科、ヤドリギ属、常緑の灌木(かんぼく)。

半寄生性で、他の樹木の枝に生育する。

ヨーロッパおよび西部・南部アジア原産。

 

11)

半寄生ということは、

葉で光合成をして、糖は自分で手に入れるが、水分・養分はサクラからもらっている、ということです。

ここで、

菌根菌、 例えばマツタケは、糖はマツからもらうが、水分・養分は自分で手に入れている、ことを思い出す。

つまり、

ヤドリギとマツタケは逆のことをしている・・・

 

それなら、ヤドリギには根があるのか?

樹木の断面を見てみよう。

 

12)

ヤドリギの根がミズナラ(ブナ科、落葉広葉樹)の枝に食い込んでいる。

根は道管を突き破って中心へ向かっているが、お互いの組織同士は一体化しているようにも見える。

こうやって水と栄養を吸収しているのか・・・

 

㊧10)  ㊨13)

㊧ヤドリギの果実、㊨着枝した種子。

果実は液果で、中に数個の種子が入っている。

種子は粘液質の果肉に包まれ、鳥が食べても粘液質は消化されず、糞が粘って木の枝に種子が粘り着いて散布される。

実にうまくできている・・・

 

では、そろそろエンディングといきましょう。

 

 

ヤドリギのある風景。

ここは東欧、はるか遠いポーランドの川辺。

なぜか、遠野みたいに懐かしい気持ちになる。

※ポーランドの国名の「ポルスカ」は、

「野原」を意味する「ポーレ」が語源と言われている。

ーおしまいー

 

【出典】

1)Wikipedia遠野市

2)Wikipedia鍋倉公園

3)Wikipediaヤドリギ

4)宇佐美俊行准教授植物病学研究グループ〈千葉大学〉

5)地球に恩返し・くすりの森の「しんの」ちゃん

6)Wikipediaタフリナ

7)Wikipediaてんぐ巣病

8)植物図鑑・Q&A  EVERGREEN

9)なつみかんの木々を見上げて

10)木のメモ帳

11)Wikipedia寄生植物

12)薬王堂気まぐれ通信使№649

13)Wikipedia Viscum album