さなぎという異世界

 

01)

おや? 鳥の卵?

 

 

01)

ん? 植物のたね?

 

 

01)

まるまった枯れ葉?

 

 

 

01)

これらは蛾(ガ)の「まゆ」です。なかに「さなぎ」が入っています。

 

 

 

02)

 

 

02)

 

 

02)

 

 

 

02)

これらは蝶(チョウ)の「さなぎ」です。「まゆ」につつまれてはいません。

 

 

 

02)

 

さて、チョウやガは「さなぎ」の中で、「幼虫」から「成虫」に変身します。

03)

このとき、さなぎの中でどうやって変身するのでしょうか?

予想

ア.かたまったまま変身する

イ.ドロドロになって変身する

 

 

 

 

02)

変身の中ほどで「さなぎ」を切ってみると、ドロドロにとけていました。

しかしよく見ると、なにやら入っているものがあります。

 

 

02)

「気管(きかん)」です。

気管は空気の通り道です。いくらドロドロになっていても、体中の細胞は気管から空気をもらわないと即、死んでしまいます。

 

03)

ドロドロにとけているのは、使われなくなった幼虫の部品です。ドロドロになったものが原料となって、成虫の体が新しくつくられていくのです。

 

04)

 

さて、昆虫には「さなぎをつくるもの」と「さなぎをつくらないもの」がいます。

つぎの昆虫をどちらかに分けてみましょう。

 

 

㊧05) ㊥06) ㊨01)

 

㊧01) ㊥07) ㊨01)

 

さて、さなぎあり昆虫には、幼虫(イモムシ)の時期があります。

08)

しかし、さなぎなし昆虫には、幼虫(イモムシ)の時期は見あたりません。

08)

「さなぎなし昆虫」には、ほんとうに幼虫(イモムシ)の時期はないのかなぁ?

疑問に思った科学者が、卵の中を顕微鏡でのぞいてみました。

すると…

08)

卵の中に幼虫(イモムシ)がいたのです。

その幼虫はしばらくすると…

08)

ドロドロになり、成虫と似たすがたにまで育ってから、生まれてきたのです。

ここまでが「さなぎなし昆虫」の話です。

*      *      *

いっぽう、さなぎあり昆虫は「卵の中で十分に育っていない」幼虫(イモムシ)のすがたで外に出されたことになります。

08)

幼虫が成虫になるためには、もう一度卵の中と同じようにドロドロにならなければなりません。

それをするのが…

 

「さなぎ」だったのです。

08)

幼虫をドロドロにして、成虫につくりかえるためには、 “第2の卵”がどうしても必要だったのです。

08)

 

 

01)

今日みなさんは、さなぎという異世界へ、足を一歩踏み入れたのです。

 

ー おしまい ー

【出典】

01)写真AC

02)Pixabay

03)イラストAC

04)Wikipediaナミアゲハ

05)Wikipediaハエ

06)Wikipediaヒアリ

07)かわいい子供たちの画像

08)ぼんぼんトントン 写真

※以上、使わせていただきありがとうございました。