セミファイナルファンタジー

 

「シマトネリコ」(島十練子)、別名タイワンシオジ。

モクセイ科の常緑広葉樹。高木。もとは熱帯や亜熱帯の山間に自生していた。

風にそよぐライトグリーンの葉が爽やか。シンボルツリーとして人気がある。

 

1)

シマトネリコの花と実。

花はなんとも可憐で美しい。

 

 

おや?

シマトネリコの根元にこんな穴が。

これをずっとたどっていくと・・・。

 

 

さらに・・・。

 

 

わっ、こんなにたーくさん、穴があいています!

これらはいったい何???

㋐子供がカサでつっついた跡

㋑アリの巣穴

㋒その他(      )

 

 

 

2)

 

2)

 

3)

これらの穴は、セミの幼虫が地中から抜け出てきたときにできた穴だったのです。

「アブラゼミ」(油蟬)、カメムシ目・ヨコバイ亜目・セミ科に属する。

日本、朝鮮半島、中国北部に分布。成虫はサクラ、ナシ、リンゴなどバラ科樹木に多い。

 

2)

アブラゼミはシマトネリコにも好んでやってきます。

しかし、すぐとなりの「ユズ」にはまったく見向きもしません。根元に穴がないのです。

 

 

「ユズ」(柚子)、ミカン科の常緑広葉樹。

小高木。柑橘類の1つ。消費量・生産量ともに日本が世界最大。

 

1)

ユズの花と果実。

初夏に咲く花は香りが強い。

セミは酸っぱいのが苦手なのだろうか。ほかにクスノキ、イチョウなども苦手らしい。

 

 

また、細い木にはつかないともいわれている。根が発達していないと幼虫が困るからなのか、セミ穴がみつからない。

ちなみに、日本最小のセミは「イワサキクサゼミ」で体長2cm。

分布は、沖縄本島・宮古島・石垣島・西表島・台湾。サトウキビ、ススキ、チガヤといったイネ科植物に住みます。

 

4)

ここで、問題を1つ。

アブラゼミの幼虫は5年間地下で過ごし成長します。

この時エサは何を食べているのでしょう?

㋐小さい虫

㋑木の根

㋒その他(      )

2)

 

セミの幼虫は木の根を食べています。

ただし、根をかじりとるのではなく、ストローのような口で根の中の樹液を吸っているのです。

 

 

ですから、セミ穴は根の真上にあいていることになり、地上の穴をみて地下の根の張り具合を想像することができます。

いわば根のレントゲン写真。

 

 

*       *       *

 

おや? これは何でしょう?

 

5)

 

太めのマッチ棒ではありません。

セミの穴が見つかった近くで生えている「キノコ」です。

 

6)

ダブルで生えていることもあります。

少し掘ってみましょう。

 

7)

おっと、何やらオマケがついてきました。

これは、セミの幼虫です。

 

6)

キノコの名前は「オオセミタケ」。

アブラゼミやエゾゼミなどの幼虫を宿主とする、冬虫夏草の一種。

セミの幼虫は栄養を吸われて、お亡くなりになっております。

 

アブラゼミは樹木の吸汁害虫。

オオセミタケはアブラゼミの天敵。

樹木の根→アブラゼミ→オオセミタケ

これで自然界のバランスが保たれる。

 

7)

オオセミタケはまるでアブラゼミの墓標。

この小さな墓標は、われわれに「いのちは複雑につながっている」ことをそっと教えてくれているのです。

(おしまい)

【出典】

1)庭木図鑑 植木ペディア

2)Wikipediaアブラゼミ

3)Wikipediaセミ

4)Wikipediaイワサキクサゼミ

5)和田匠平のきのこ日記

6)ドキッときのこ FANTASTIC FUNGI

7)今年の虫草探索記録 SEARCH for Cordyceps