冬でもナッツ

 

01)

ココヤシの実がココナッツ。

 

 

 

01)

種子に入っている「胚乳」(はいにゅう)がココナッツミルクやココナッツジュースになる。

 

 

 

01)

「胚乳」には糖質や脂肪が多く含まれているので甘く、コクがある。

 

 

 

01)

 

 

 

01)

白米も「胚乳」。

 

 

 

01)

玄米は胚乳に「胚」(はい)がついたもの。

 

 

 

02)

「胚」が芽や葉や根になる。

「胚乳」は栄養のかたまりで、エネルギー源になる。

 

 

 

01)

ココヤシの種子にも胚があり、胚乳から栄養をもらって発芽する。

 

 

 

03)

ビールのおつまみといえば…

 

 

 

03)

では、ピーナッツにも「胚乳」はあるのでしょうか?

 

 

 

02)

 

 

 

04)

 

 

 

01)

ラッカセイ(落花生)。

マメ科の一年草。種子がピーナッツ。

胚はあっても、胚乳はありません。

 

 

 

02)

ミックスナッツです。

いくつか紹介していきましょう。

 

 

 

01)

 

 

 

01)

 

 

 

01)

アーモンド。

バラ科の落葉高木。西アジア原産。

種子に胚はあるが、胚乳はない。

 

 

 

01)

 

 

 

01)

 

 

 

 

01)

カシューナッツ。

ウルシ科の常緑高木。南アメリカ原産。

種子に胚はあるが、胚乳はない。

 

 

 

01)

 

 

 

01)

 

 

 

01)

セイヨウハシバミ(西洋榛)。

カバノキ科の落葉低木。ヨーロッパ原産。

種子がヘーゼルナッツ。

胚はあるが、胚乳はない。

 

 

 

01)

 

 

 

05)

マカダミア。

ヤマモガシ科の常緑樹。オーストラリア原産。

種子がマカダミアナッツ。

胚はあるが、胚乳はない。

 

 

 

ところで、これらのナッツには、どれも胚乳がありません。

それなら、何の栄養で発芽しているのでしょうか?

 

 

 

02)

これらのナッツは、胚の中の「子葉」(しよう)というところから栄養をもらって発芽していたのです。

 

㊧06) ㊨07)

私たちがナッツでおもに食べているところは、胚の中の「子葉」=葉っぱの赤ちゃんだったのです。

 

胚や子葉はからだをつくるもとなので、タンパク質が多く含まれ、うまみ成分がアップします。

 

 

 

07)

 

02)

じつは、種子ができ始めのころは、これらのナッツにも、ココナッツや玄米のように胚乳があったのです。

 

ところが、種子ができる途中、子葉に栄養を吸収されて、胚乳はなくなってしまったのです。

 

 

 

 

 

アーモンドやピーナッツは、種子の中で十分に育ってから生まれてきます。

いわば、人間の赤ちゃんのようなものです。

 

 

01)

 

 

 

一方、ココナッツや玄米は、早く小さく生まれて外で育ちます。

まるで、カンガルーの赤ちゃんみたいです。

 

 

01)

 

 

 

01)

冬の寒さに

打ちひしがれないように♪

土の中で眠る命のかたまり♪

 

ー おしまい ー

 

【出典リスト】

01)Pixabay

02)写真AC

03)フリー素材.com

04)Wikipediaラッカセイ

05)Wikipedia Macadamia integrifolia

06)春色ソレイユ

07)Wikipedia Peanut

※以上、利用させていただきありがとうございました。