森のサンゴ

 

沖縄のとある離島。

 

 

シュノーケリングで海にもぐれば、

そこは珊瑚(サンゴ)の世界。

 

 

これは枝サンゴ。

 

 

これはテーブルサンゴ。

 

ところで・・・

サンゴって植物? 動物? その他?

 

 

 

サンゴ(珊瑚)。

刺胞(しほう)動物門、花虫綱(かちゅうこう)に属する動物のうち、固い骨格を発達させたもの。

イソギンチャクも同じ仲間になる。

つまり、動物。

 

*       *       *

 

 

ところ変わって、ここは南アルプスの天然水、

が湧き出る、南アルプスの天然林です。

 

 

深い森にもぐっていくと・・・

おや? いったいこれは何?

 

 

先ほどのお仲間です。

枝サンゴに似てなくもない。

 

 

さしずめこれは「森のテーブルサンゴ」か。

 

 

海のサンゴの群落。

サンゴの根と呼ばれている。

 

 

森のサンゴの群落。

森のサンゴは根を持っていない。

 

 

海のサンゴ。

白化しかけている。

海水温が少し高いのか・・・

 

 

森のサンゴ。

白っぽいのは元々の色。

 

海と森、交互に見てくると、

2つのイメージがかさなり合ってきます・・・

 

*       *       *

 

 

さて、街にもどってきました。

よく見ると、ここにもあります。

ケヤキに生えた「森のテーブルサンゴ」。

 

 

近くのケヤキには、黄色と水色のコラボ。

何サンゴに似ているでしょうか?

 

 

サクラに生えた「森のテーブルサンゴ」の赤ちゃん。

赤ちゃんでも、このコインサイズで10歳。

手のひらサイズなら50歳です。

 

1年に数ミリ、かなりゆっくり成長します。

超スローライフな生物。

 

では、この生物はいったい何者でしょうか?

㋐動物  ㋑植物  ㋒その他(    )

1)

地衣類(ちいるい)。

菌類のうち、葉緑体を持つ藻類(そうるい)を共生させることで自活できるようになったもの。

菌類は動物でも植物でもないので、答えは㋒。

「森のサンゴ」は、いわば「光合成するキノコ」なのです。

 

 

だいだい色の地衣類。

たくさんのヒラヒラは、ぜーんぶキノコです。

 

2)

オオチャワンタケ(大茶碗茸)。

子嚢(しのう)菌類チャワンタケ科に属するキノコ。

広葉樹に発生することが多い。

さっきのヒラヒラ、こいつに似ているかなぁ?

 

 

そら色の地衣類。

このつぶつぶ、ぜーんぶキノコです。

 

㊧1)   ㊨㊦3) ㊨㊤㊨4) ㊨㊤㊧㊦5) ㊨㊤㊧㊤6)

菌類(キノコの菌糸)をベースにして、中に藻類(ボルボックス、ミカヅキモ、クンショウモ等の仲間)を住まわせています。

 

菌類は陸上にいたが、光合成はできなかった。

藻類は光合成はできたが、水中生活なので陸上に進出できなかった。

そこで・・・

となって、お互いウィンウィン。

 

 

ここは極寒の北極圏。

菌類と藻類が組み合わさると、

こんな岩の上でも地衣類は生息できる。

 

 

水と日光がありさえすれば、都会のコンクリートの上だって、どこだって地衣類は生息できる。

汚れすぎた空気は苦手だけれど・・・

 

*       *       *

 

それではエンディングといきましょう。

 

サンゴは海中でエサを食べていたが、光合成できなかった。

藻類は光合成できたが、安定した住み家と養分がなかった。

そこで・・・

となって、お互いウィンウィン。

サンゴの成長は早くなり、日光のとどく浅い海で、サンゴ礁を形成するのです。

 

 

菌類は陸上にいたが、光合成できなかった。

樹木は光合成できたが、陸上の水や養分が足りなかった。

そこで・・・

 

 

 

 

 

となって、お互いウィンウィン。

樹木の成長は早くなり、樹冠で日光を独占し、森林を形成するのです。

 

まとめると、

 

①「 サンゴ(動物)ーーー  藻類 」

②「 地衣類 (菌類)ーーー 藻類 」

この2つは、共生のしかたがまったく同じ。

 

②「 地衣類 (菌類)ーーー 藻類 」

③「 菌根菌 (菌類)ーーー 樹木(植物)」

この2つも、裏返し(内側か外側か)になっているだけで、やはり、共生していることに変わりはない。

 

つまり、

「 動物ーーー藻類ーーー菌類ーーー植物 」

これらはみんなつながっている!

 

 

ひょっとして、

「地球は一面、海のサンゴ、森のサンゴにおおわれている」

のではないのだろうか?

ふと、そんなふうに思えてくるのです。

(おしまい)

【出典】

1)Wikipedia地衣類

2)天然食材探しへ近くに気軽に出かけよう!

3)山のキノコ

4)Wikipediaクンショウモ

5)Wikipediaミカヅキモ

6)Wikipediaボルボックス