森の宝石

 

 

 

ヨーロッパ、オークの森にて。

多くを語らず・・・

 

 

 

オークの葉。

オーク(Oak)はブナ科、コナラ属の広葉樹。日本名はヨーロッパナラ(欧州楢)。

カシワの葉に似ている・・・

 

 

1)

カシワ(柏)。

オークと同じくブナ科、コナラ属の広葉樹。柏餅の葉として使われる。

 

 

 

ふたたび、オークの森へ。

 

 

2)

おや?

地面に何かあります。

取ってみましょう。

 

 

3)

これは何でしょう?

 

㋐木の実

㋑動物の糞

㋒その他(     )

 

 

 

半分に切ると・・・

 

 

 

食べると・・・

 

 

2)

 

 

トッピングは、トリュフ。

世界3大珍味の1つ。

 

 

 

トリュフの日本名は、セイヨウショウロ(西洋松露)。

真菌類。セイヨウショウロ科、セイヨウショウロ属、に所属するキノコの総称。

 

トリュフは、地上に生えるキノコと違って、一生、地下に生えています。成熟してもなかなか地上に顔を出さないので、匂いに敏感な、豚(メス)や犬に見つけてもらいます。

 

それで、トリュフの仲間のことを、地下で生きる真菌類(キノコ)なので、「地下生菌」(ちかせいきん)と呼んでいます。

 

 

 

チョコレート製のトリュフは、

地下生菌・トリュフの形をまねたもの。

 

 

*       *       *

 

 

 

日本のとある松原。

生えているのはクロマツ。

 

 

 

クロマツ林を歩いていくと・・・

 

 

4)

ん? 何やらあります。

ジャガイモか・・・

切ってみましょう。

 

 

5)

ショウロ(松露)。

真菌類。ショウロ科、ショウロ属のキノコ。食用、淡いマツタケ風味。地下生菌。

 

 

6)

松露饅頭。

松原に生えるショウロの形に似せたもの。

 

 

*       *       *

 

 

㊨5)

ところで、

地下生菌のトリュフやショウロは、シイタケのように人工栽培できるのでしょうか?

 

 

 

㊧㊦5)

残念ながらうまくできません。

トリュフもショウロも菌根菌だからです。

樹木とキノコが共生しているので、2者セットで育てなければならないのです。

 

時間が来ました。

そろそろ、エンディングといきましょう。

 

このように、トリュフとショウロは見た目や環境がよく似ています。トリュフのことをセイヨウショウロと呼んだりもしています。

では、科学者が遺伝子解析をした結果、トリュフとショウロは遺伝的に近かったと思いますか?

㋐すごく近かった

㋑すごく遠かった

㋒その他(       )

 

 

 

㊧㊦5) ㊨㊤7) ㊨㊦8)

ノボリリュウタケが土にもぐってトリュフになり、

アミタケが土にもぐってショウロになりました。

つまり、トリュフとショウロは、元々まったく違うキノコだったのです。

どのくらい違うかというと、動物でたとえると、昆虫と人間くらい違うのです。

 

では、なぜこれほど違う2つが、同じように丸い形なり、同じように土の中にもぐったのでしょうか?

9)

それは、土の中が安全だからです。

土の中から匂いで誘って、動物に胞子をキノコごと食べてもらい、動物に胞子をまいてもらっているのです。

 

樹木 → 地下生菌 → 動物

・・・森の生物はつながっている。

 

トリュフ → 黒いダイヤ

ショウロ → 白い琥珀

・・・森には宝石がそっと埋もれている。

 

(おしまい)

【出典】

1)庭木図鑑 植木ペディア

2)Wikipedia セイヨウショウロ

3)Wikipedia Trüffel

4)今日もきのこ 観察日記

5)Wikipedia ショウロ

6)宮田の松露饅頭

7)Wikipedia Helvella

8)Wikipedia アミタケ

9)Wikipedia Truffle