餅、うどん、樹木

 

謹賀新年。

まずは、お雑煮といきましょう。

 

 

お雑煮といえば、お餅。

 

 

ここで、樹木の登場。ツバキです。

初日の出に見えなくもない。

 

 

ツバキ(椿)。ツバキ科・ツバキ属の常緑樹。

学名: Camellia japonica,カメリア・ジャポニカ。

日本原産。

 

では、新春初問です。

「もち」とかけて「ツバキ」ととく。

その心は?

 

 

01)

ツバキもち病です。

 

01)

ツバキもち病とは、ツバキもち病菌(Exobasidium camelliae,

担子菌類・ Exobasidium属のカビ)による樹木の病気。

これかかると、葉がだんだん分厚く変形していき・・・

 

01)

葉が「餅」のようにふくらんで、その表面に白粉状の子実層を形成します。

これは、とても葉には見えませんが、感染した菌が生産する植物ホルモンのせいで変形した葉なのです。

ちなみに、「おこげ」は表皮がむけたもの。

 

 

01)

サツキもち病㊧とツツジもち病㊨。

とちらも、ツツジ・サツキもち病菌(Exobasidium japonicum,

担子菌類・ Exobasidium属)にかかったもの。

 

もち病は、ツバキ類(ヤブツバキ、サザンカなど)とツツジ類(クルメツツジ、サツキなど)だけに発生する病気です。

春に多く発生します。

 

 

 

うどんです。

お餅に飽きたら、いただきましょうか。

 

 

うどんのもと、うどん粉。

雪をかぶった富士山に見えなくもない。

 

 

 

ここでまた樹木の登場。

ハナミズキ(花水木)。ミズキ科・ミズキ属・ヤマボウシ亜属。

落葉高木。別名、アメリカヤマボウシ。アメリカ原産。

 

 

君と好きな人が♪ 百年続きますように♪

1年の始まりに歌ってみる。

 

では、2問目。

「うどんこ」とかけて「ハナミズキ」ととく。

その心は?

 

 

02)

ハナミズキうどんこ病(Erysiphe pulchra)です。

助けてあげよう♪ 庭のハナミズキ♪

 

03)

うどんこ病とは、

子嚢菌類、ウドンコカビ科のカビによる植物病害の総称。

麦類、野菜、果樹などの重要な病害。

葉や茎がうどん粉をかけたように白くなる。

 

04)

マサキうどんこ病(Oidium euonymi-japonicae)。

 

05)

マサキの生け垣でよく見うけられる。

 

3問目。

うどんこ病にかかったマサキの生け垣があります。

その近くにハナミズキが植えてありました。

マサキのうどんこ病はハナミズキにも伝染するでしょうか?

㋐伝染する

㋑伝染しない

 

 

うどんこ病は植物ごとに病原菌が異なるので、他の植物から伝染するということはありません。

人間の目には同じ白い粉にしか見えませんが、それぞれDNAが違うカビなのです。

マサキうどんこ病菌(Oidium euonymi-japonicae

ハナミズキうどんこ病菌(Erysiphe pulchra

バラうどんこ病菌(Podosphaera pannosa)などなど。

このように、菌ごとに感染する植物の種類が決まっている性質のことを「宿主特異性(しゅくしゅとくいせい)」といいます。

 

では、そろそろエンディングといきましょう。

 

06)

おや? 白い粉の中に何かいます。

これは何でしょう?

 

07)

僕、キイロテントウムシです。

何をしているんでしょうか?

 

08)

ウドンコ病菌を食べているんです。

 

06)

キイロテントウムシ(黄色天道虫)。

コウチュウ目テントウムシ科の昆虫。菌類食。

「幸せを呼ぶ黄色テントウ」といわれたりします。

 

09)

僕、助けてあげたよ♪ 庭のハナミズキ♪

君と好きな人が♪ 百年続きますように♪

 

ーおしまいー

 

【出典】

01)宇佐見俊行 准教授 植物病学研究グループ 千葉大学

02)FUNAの写真帳

03)みんなの趣味の園芸

04)樹木と語る

05)庭木図鑑 植木ペディア

06)育て方.jp

07)自然観察大学

08)Mint

09)そよ風の旅路