鳥と蜂の森

01)

 

 

 

02)

 

 

01)

 

 

01)

 

 

03)

 

 

01)

スズメバチ、アシナガバチ、ミツバチはどれも、黄色と黒の「虎縞 模様」(とらしま・もよう)をしている。

 

 

 

01)

 

 

01)

スズメバチ、アシナガバチ、ミツバチは、どれも毒針を持ち、敵を刺す。

 

では、刺さないハチっているのでしょうか?

 

 

 

04)

ハバチの一種。

幼虫が葉を食べるから「葉蜂」。

 

 

05)

キバチの一種。

幼虫が木を食べるから「木蜂」。

 

こいつらは刺さない。

黒っぽい色をしている。

 

 

01)

 

 

 

01)

鳥は昆虫をエサとして食べる。

 

 

01)

鳥は昆虫をどんどん食べる。

 

ある日

 

 

01)

イタい! こいつ刺した。

刺したのは「とらしま」のやつだ。

 

しばらくして

 

 

01)

イタい! 刺したな。

やったのは、また「とらしま」だ。

 

もしみなさんが鳥だったら

次も「とらしま」をねらいますか?

 

 

 

01)

鳥は何回かスズメバチに刺されると、もう、こりてスズメバチをねらわなくなります。

鳥は、スズメバチのとらしま模様を「刺すぞ」という警告(けいこく)とみなすわけです。

 

01)

 

 

01)

 

 

01)

 

 

 

01)

 

 

㊧01) ㊨04)

 

 

01)

さらに鳥はアシナガバチ、ミツバチのことも「とらしま=刺すやつ」とみなし、ねらわなくなります。

まだ刺されてもいないのに

 

 

 

 

㊧㊤ ㊥㊦ ㊨㊤04)

他01)

 

01)

 

 

㊥㊦ ㊨㊤04)

他01)

 

01)

 

 

㊨㊤04)

他01)

 

01)

 

 

01)

こうして、黄色と黒の「とらしま」のハチだけが食べ残されます。

 

 

 

01)

その結果、スズメバチと似たような「とらしま」を持ったハチが、何種類も生き残ることになるのです。

 

 

01)

 

 

 

01)

ハエの仲間に「とらしま」がいると思いますか?

 

 

 

06)

鳥だったらどう思うかなぁ?

 

 

 

ハエの仲間の、ハナアブ。「とらしま」です。

 

 

01)

チョウの仲間に「とらしま」がいると思いますか?

 

 

 

01)

鳥だったらどう思うかなぁ?

 

 

 

01)

アゲハチョウです。

羽が「とらしま」で、胴体も「とらしま」です。

 

 

 

01)

 

 

01)

コガネムシやカミキリムシの仲間を甲虫(コウチュウ)といいます。

前羽が甲羅(こうら)のようになっているので甲虫というわけです。

 

甲虫の仲間に「とらしま」がいると思いますか?

 

 

 

01)

鳥だったらどう思うかなぁ?

 

 

 

カミキリムシの一種。

羽が「とらしま」です。

 

 

 

01)

コガネムシの一種。

羽が「とらしま」です。

さらに、からだが毛むくじゃらなので、鳥にはハチに見えるかもしれません。

 

 

01)

 

 

ここにでてきたハエも、チョウも、甲虫も、ハチの仲間ではありません。

昆虫でも、まったく別の種族です。

 

それなのに、ハチとそっくりな「とらしま」をもっているのです。

 

 

ハナアブ06) 他01)

ハエも、チョウも、甲虫も、毒針をもっていません。

「刺さない」のに、鳥は「とらしま」を見て、勝手に「刺す」と思って食べないのです。

その結果、「とらしま」をもった昆虫が何種類も、生き残ることになったのです。

 

 

01)

ー おしまい ー

 

【出典リスト】

01)Pixabay

02)Wikipedia オオスズメバチ

03)Photo AC

04)Wikipedia ハバチ亜目

05)Wikipedia キバチ科

06)Wikipedia ハナアブ

※使わせていただき、ありがとうございました。