竹内庭苑のお仕事話

庭師のNi-Wa SHIGOTO~家の周りのお手入れ 前編~

新たな年を迎えて10日が経ちました。みなさまいかがお過ごしでしょうか。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。
今年も豊かな自然との多くの出逢いに恵まれますように!

2022年最初のテーマは「個人邸の家の周りのお手入れ」について。

「庭」というと、ある程度の広さのある場所をイメージされる方もいらっしゃるかもしれませんが、
家の周囲のスペースも立派な庭です。
植物を日常の中で手軽に身近に感じていただけますので、大いに活用していただきたい場所です。
さっそく、竹内社長にインタビューしていきます。

-家の周りのスペースの限られたスペースに樹木を植えたいとき、気にかけることはなんでしょうか。

(竹内)ご自宅の周りでの樹木選びにはコツがあります。環境条件にあった性質を持つ樹種を選ぶことです。方角や風当たり、日照条件といった環境条件は、ご自宅の場所やお隣りとの関係により様々ですから。

-確かにそうですね。日陰になる時間が長い場所や風当たりが強い場所など、周りの建物との位置関係や距離感によって、外的な環境は変わりますね。

(竹内)そうなんです。それぞれの環境条件に合った樹木を選ばないと、生育が悪かったり、病害虫が発生するなど、様々な弊害が生じます
建物と同じくお庭は永く付き合うものです。
樹種の剪定は造園のプロに相談することをお勧めしています。

-では、一般的にもあるだろう場合として、たとえば、カースペースの周りに樹木を植える場合は、どんな樹木がおススメでしょうか。

(竹内)日常的に駐車する場所ですから周囲の見通しが大切です。そのため、比較的成長の遅い常緑樹をお勧めしています。樹液を分泌する樹木は、樹液が車両に付着する可能性もあります。

-たしかに。海辺の町の茅ヶ崎は場所によって松林があり、その下に駐車していると車に松脂が付着することがあります!ご自宅での駐車で、これが当たり前になるのは避けたいところです。

(竹内)落葉する樹木も、落ち葉の影響がありますね。

-落ち葉が全面ガラスとボンネットの間にたくさん溜まってしまうのは困りますね。車が下に置かれれるという、カースペースならでは樹種の選びが大切ですね。
次に、家の周囲に砂利を敷き詰めている御宅もあるかと思います。こういった場所にお勧めの植物はありますか?

(竹内)砂利を敷き詰めた遠路には、地面を張って生育する植物を選びます。「地被(ちひ)植物」といって、和風のものから洋風のものまで、樹種も様々です。手入れについても、刈り込むもの、古葉を除去するものなど、樹種に合わせて行います。

-グランドカバーとも呼ばれていますよね。モコモコとした見た目が絨毯のようで好きです。子どもの頃、ご近所の御宅のエントランスに、タマリュウという植物が植わっていて、とてもキレイだったのを思い出します。青い実がなって見ていて飽きませんでした。

(竹内)園路の地被植物は、全体的なお庭のコンセプトに合わせた樹種を選ぶと良いと思います。

~~~~~~~~

今月は、ご自宅の家の周りのお手入れについて、探っていきます。
後編もお楽しみに!