竹内庭苑のお仕事話

庭師のNi-Wa SHIGOTO~施主様自ら選ばれた植木を植える 前編~

みなさま、こんにちは。

今年の桜、楽しむことができましたか。
いまの地代は、SNSなどで全国各地の桜の名所の様子を目にする機会が増えました。南北に長い日本列島ですから、桜の開花も土地ごとに時間差がありますね。
昔にくらべたら、長い期間、桜で春を楽しむ機会も増えたように思います。

3年前に茅ヶ崎に遊びに来てくれた北海道の友人は、本州の桜、ソメイヨシノをとても喜んでいました。
写真や映像で眺めるのと実物とでは、木々の美しさやイキイキとした様が全く違い、感動も大きいですよね。

今月は、ある御宅の施工について、竹内社長に質問していきます。
写真で素敵に見えるお庭ですから、実物はさぞや素敵な雰囲気だと思います。
自然に溶け込みながらも、センスがカッコイイなぁと思います。

ところで。
このお写真を見ていただき、何かに見覚えのある方はいらっしゃいますか???
ピンとくるものがあるかもしれませんね。

-この御宅の手前の石積みは、一年前に施工させていただいた御宅ではありませんか?

(竹内)そうです。斜面の場所で周囲の景観との馴染みを考え、ブロック塀ではなく自然の石を積み上げたのが、1年前の夏前でした。
※詳しくはこちらをご確認ください。

-写真をみて、直ぐに分かりました。経年により、施工後の1年前よりも、積まれた石の味わいがみられます。苔が生えたり泥がついたりしていますものね。石の上に植えられた緑が本当に映えますね!

(竹内)そうですね。元から山林との境界に立てられた建物でしたが、石組みによって、自然に馴染んだ形になりました。

―石積を施工した場所も最適だったのかもしれませんね。

(竹内)
もともと風化した堆積岩の山石を使用しているのも良かったです。違和感を感じない景観になっていますね。

-施主様も喜ばれていると思います。そして今年は、石積みの内側の平らな部分を本格的なお庭にしようというご希望でしょうか。

(竹内)
そうですね。今回は、お施主様が中心となっての庭造りでした。
様々な樹種を今回植えましたが、それぞれの樹種の生産者の元にお施主様が実際に足を運び、ご希望の樹種を選ばれました。わたし達はその植栽を担当しました。

-樹種選びからお施主様が関わられたのですね。大事にされているのが伝わって来ます。この景観にとても馴染んでいると思いますし、なんというか、「オリジナル」さが伝わって来ますね。写真などで見かける戸建て住宅の植え込みや、日本庭園の植え込みとは、全く違いますね。

(竹内)この御宅は海が近く、山間部に建てられていました。一般的な樹種に限らず、野山に生息する樹種を選んだことも特徴ですね。

今月はお施主様自らが拘りを持って選ばれた樹種で作られたお庭造りについてお届けします。後編もお楽しみに。