竹内庭苑のお仕事話

庭師のNi-Wa SHIGOTO ~伐採 前編~

みなさまこんにちは

今年の11月は暖かいなと思っていましたが、季節はゆっくり進んでいますね。街中でも銀杏並木が美しく黄色に色づいています。山々も紅葉の見ごろを迎えています。
紅葉は春の桜と同様に、日本に暮らすわたしたちの日常を美しく彩りますね。

 さて、今月のお仕事話しは、まずは、こちらの動画からご覧ください。

初めて見たときの衝撃たるや。驚きました。「伐採」という施工です。
動画は今年の2月の施工現場のものです。

先日、伐採の施工をご依頼いただきました。
今月は「伐採」をテーマに、竹内社長に質問していきます。

-先ほどの動画は、かなりインパクトのある動画でした。大掛かりな施工でしたね。今回、新たにご依頼いただいたのは幼稚園の庭のように見えます。

(竹内)私立幼稚園からご依頼いただきました。園内の【けやき】と【さくら】の木、2本を伐採しました。
2カ所、2本でしたが、1日で終了することができました。

-2本の木、まずは【さくら】について、教えてください。伐採にはそれなりに理由があると思いますが。さくらですと、日本人は特に思い入れもあると思います。幼稚園であれば、春の入園式や卒園式に彩りを与えてくれると思います。

(竹内)そうですね。実際、この園内にも、さくらの木は今回伐採したもの以外にも数本あります。そのため、春のシーズンでは、園の地区の、憩いの場となり、ご近所の方々も楽しまれていたそうです。

-それが、どういった理由で、今回、伐採ということになったのでしょうか。

(竹内)さくらの木は、高さは8m、木の幹の周りは1.7mほどでした。しかし、こちらの木は、塩害の影響で枯れてしまっています。
園児や外の道路を通行される方に倒れてしまう危険もあったため、やむを得ず伐採することになりました。

手前からみて一番奥のさくらの木を今回伐採しました
―そうだったんですね。塩害というのは、海辺の町、ならではの被害でしたね。けやきについてはどうでしょうか。写真を見ると、かなり背の高い巨大な木ですね。

(竹内)けやきは、幹の太さは2メートル、高さは15メートルほどで、幼稚園のシンボルともいえる木です。ただ、写真からも分かるように、あまりにも大きく成長しすぎてしまい、強い風が吹くと倒壊するおそれも出て来ました。

倒壊の危険性も出ていた、けやき。高さは15mにもなります
-たしかに、倒れる危険性はあるかもしれませんね。写真からも分かります。

(竹内)また、けやきが落葉樹であることも伐採に至った理由のひとつです。落葉樹なので冬になると葉を落としますが、落ち葉が園庭の建物にたまると、これだけの大きさの木なので落ち葉の量も多くなり、掃除が大変になってしまったということもあります。

-背の高い立派な木は、眺めている分には姿に圧倒され、感動することもありますが、維持するとなると、やはり大変なこともあるのですね。後編は、実際の伐採の様子について竹内社長に質問していきます。